限度額と借入額の関係

消費者金融は初回こそ申込みが必要ですが、契約後は何度でも繰返し借入れや返済が行えます。とはいえ、利用は無制限ではなく、限度額が決められています。限度額の範囲内であれば、いつでも自由に借入れができます。

 

例えば限度額50万円の場合、契約後は50万円以内であれば自由に借入れが行えます。借入れタイミングは自由なので、いきなり50万円借りるのも可能ですし、3万円だけ借りてもいいのです。また、契約だけしておいて、いざという時まで全く借入れをしないというのも問題ありません。

 

例えば30万円借りた場合、残高の残り20万円までならいつでも借入れが可能です。残高が50万円を超えない限りは、自由に借入れができます。

 

また、50万円借入れしたとしても、返済後は繰返し借入れが可能です。例えば30万円借りた時点では、追加で借入れできるのは20万円です。しかし、その後返済を続けていって、もしも10万円分まで返済が終われば、追加で30万円まで借入れができるようになります。

 

ここで注意したいのが、頻繁な借入れです。カードローンは簡単に、しかも繰返し借入れができますが、頻繁に借入れを繰り返していると、いつのまにか限度額に達してしまう可能性があります。カードローン契約後は、現在の借入残高に目を向けておくよう注意が必要です。

 

限度額が一杯になっても一定期間の利用実績があれば増額が可能であり、店舗や契約機でも手続きが行えるため、大きな金額を借りたい場合には増額の申請を進めてみると良いでしょう。地域によって異なる点はありますが、九州地方にお住まいの方を例に挙げるとすれば宗像市の消費者金融であるプロミスでも大きな金額が増額によって利用できる可能性があります。